子供の包茎手術の時期

子供の包茎を気にする母親は多くいます。
しかし、わが子とはいえ男性性器のことに詳しくないのが一般的な母親であり、
とにかく無理にでも剥くことで治ると勘違いしている方もいます。
包茎といってもまだ子供は発達段階で慎重になる必要があります。
正しい知識をもって適格な処置を行いましょう。

包皮を剥くことができず亀頭が見えない場合や、包茎のせいでうまくおしっこが前に飛ばない。
清潔を保つことが難しく感染症を発症したりする場合などは早急に医師に相談する必要がありますが、ほとんどの場合は10歳くらいまで放置しておいても問題はないようです。

今は簡単に情報を入手することができ、小さいうちから親が包皮を剥いてあげて包茎にならないように予防する考えもあるようですが、とくにデリケートな部分であり、無理に剥くことでペニスを傷つけるケースも少なくありません。
小さいうちは恥垢がたまらないようにしっかり洗ってあげる。自分でできるようになったら清潔に保つため指導する。そして様子を見てみましょう。

ということで、子供の包茎手術の時期としての目安は10歳を迎えてから考えても遅くはないということになります。
あまり小さいときから神経質になりすぎると悪化する場合もあります。
まずは専門家に相談することをお勧めします。