子供の包茎には合併症がある

日本人男性の多くは包茎と言われています。
この包茎とは男性器の皮が余っていて、亀頭の露出がしっかりされていない状態のことを指します。
海外では生まれた時に皮を切除してしまう手術をすることもありますが、日本では赤ちゃんに対してそのようなことをすることはありません。
このことも関係して、日本人男性には包茎の人が多いのです。

包茎は見た目が大人の男性器らしくないという面があり、中には特に病気でもないのに手術をする人もいます。
公衆浴場や異性との性交渉の際に恥ずかしくないようにとの理由で包茎手術をする人がいるのです。
しかし、重要なのは本当に病気の可能性がある人です。
包茎にも種類があり、仮性包茎、真性包茎、カントン包茎などがあります。
この中でも仮性包茎だけは自分で皮をむいて亀頭を露出させることができるので、普段から清潔にしていれば問題ありません。
しかし、他の2つは性器の締め付けや炎症などにより手術が必要なこともあります。
大人にもありますが、子供の包茎には合併症があるのです。
上記のような性器の締め付けや炎症以外にも排尿障害や感染症などです。
その際には専門のクリニックで行なわれます。
このような場合は保険が適用されるのです。

子供の包茎に伴う注意点

包茎とは、ペニスの亀頭部分を包皮が被ってしまっている状態の事を言います。
包茎には種類があって、手で包皮を剥いて亀頭の一部、または亀頭全部が露出するものを仮性包茎と呼び、剥く事が出来ないものを真性包茎、包皮の出口が狭く無理に剥いてしまうとうっ血してしまったりするものをカントン包茎と言います。
仮性包茎に関しては通常の状態なので、基本的には清潔にしていれば心配する必要はありません。
しかし、幼児期の母親などで心配する人が多いのが自分の子供が真性包茎ではないかという事です。
女性は包茎に関する知識が乏しい事が多いので、そういった心配をする人も多いです。
幼児期の包茎は、生理的なものが大部分で成人するまでには自然に露出させる事が可能になってきます。
子供の包茎に伴う注意点としては、そこで焦らない事です。
1歳では50%、3歳では70~90%、17歳では99%が露出させる事が可能な状態になるとされています。
子供の包茎は、包皮口が非常に狭いのでいわゆる真性包茎と非常に近い状態です。
しかし、成長に伴いこの様に露出が可能になってくるので、しばらくはそのまま放置しておいても大丈夫なのです。
しかし、排尿が難しかったり、包皮亀頭炎を繰り返すような場合は医師に相談する必要があります。