子供の包茎に伴う注意点

包茎とは、ペニスの亀頭部分を包皮が被ってしまっている状態の事を言います。
包茎には種類があって、手で包皮を剥いて亀頭の一部、または亀頭全部が露出するものを仮性包茎と呼び、剥く事が出来ないものを真性包茎、包皮の出口が狭く無理に剥いてしまうとうっ血してしまったりするものをカントン包茎と言います。
仮性包茎に関しては通常の状態なので、基本的には清潔にしていれば心配する必要はありません。
しかし、幼児期の母親などで心配する人が多いのが自分の子供が真性包茎ではないかという事です。
女性は包茎に関する知識が乏しい事が多いので、そういった心配をする人も多いです。
幼児期の包茎は、生理的なものが大部分で成人するまでには自然に露出させる事が可能になってきます。
子供の包茎に伴う注意点としては、そこで焦らない事です。
1歳では50%、3歳では70~90%、17歳では99%が露出させる事が可能な状態になるとされています。
子供の包茎は、包皮口が非常に狭いのでいわゆる真性包茎と非常に近い状態です。
しかし、成長に伴いこの様に露出が可能になってくるので、しばらくはそのまま放置しておいても大丈夫なのです。
しかし、排尿が難しかったり、包皮亀頭炎を繰り返すような場合は医師に相談する必要があります。