包茎だと早漏民族に?AV男優は剥けている!

包茎と早漏の関係とは

包茎だと早漏になりやすいとはよく言われています。あくまでも可能性ではありますが、早漏になる可能性は高くなります。この理屈は、包茎だと普段は亀頭が露出しておらず、包皮で覆われています。この状態だと、外気に触れていない為、皮膚が弱くなります。痛みに敏感になっているということは、性的な敏感さに繋がります。皮を剥くと痛みと感じる方もいますが、これは一つの弊害と言えます。普段から亀頭が露出しているペニスでは、パンツの生地でこすれて刺激されています。刺激に慣れるとともに、亀頭の皮も厚くなって早漏とは無縁となります。

亀頭の露出はその場限り

包茎の方が皮を剥こうとすることは非常に重要なことです。少しでも刺激を受ける状態をつくるようにすれば、早漏民族からの脱却のきっかけになるでしょう。しかし、あくまでも仮性包茎の方だけに有効な方法であり、カントン包茎や真性包茎の方はそもそも皮を剥くことができません。また、仮性の方でも皮を剥くこと自体はできますが、あくまでも一時的なもので、すぐに戻ってしまいます。AV男優のように立派に皮が剥けているペニスであることは、早漏を防止する上で大事なことになります。

精神的なプレッシャーで早漏に

早漏の方は早漏だと自分で早漏だと自覚しているはずです。この考えを持っていること自体が、早漏に拍車がかかる要因となっています。早漏は精神的なストレスでもなってしまうもので、早漏治療薬や手術を受けるなどして精神的なプレッシャーから解放されることが重要になります。早漏だと、女性が満足できるまで射精を我慢することができず、結果的にパートナーの方との仲が悪くなる要因となることもあります。