子供の包茎治療とは?

子供の包茎とは、ペニスの先端の包皮口が狭いために、包皮をむいて亀頭を完全に、露出できない状態のことをいいます。
包皮は、外板と呼ばれる外から目で見える皮膚の部分と、ペニスの先端で内側に折り返している内板と呼ばれる部分(包皮口)からできています。
幼児期には、この包皮口が狭くなっています。

生まれたての男の赤ちゃんは、包茎の状態が正常です。
この時期には、包皮と亀頭表面とが完全には分離しないでくっついています。
この状態がいつまで続くのかは、個人差があるのですが、生殖器が急激に成長する思春期である14歳?15歳までは、包皮を完全にむいて下げることができない男児は、多いのが現状です。
思春期を超えると、包皮をスムーズにむいて下げられるように、多くの男子はなるということです。
子供の包茎治療とは、包皮がむけないという理由だけでは必要がないということです。

子供の包茎に関しては、積極的に治療を必要とするようなケースは、医学的にはほとんどありません。
子供の包茎治療の理由の多くは、風習や宗教上の理由、親御さんの不安によるものです。
アメリカでは、乳幼児までに男の子の70%近くが、包皮を切除する手術を受けています。
これはアメリカの社会の風習によるものです。
ヨーロッパや日本では、乳幼児期にこのような手術を行うことはありません。

また、イスラム教やユダヤ教では、宗教上の理由から、新生児期に割礼と呼ばれる包茎手術を行っています。
子供の包茎治療に関しては、たいていのクリニックでは基本的には何もしないで、自然経過をみることを勧めています。
しかし、親御さんが治療を希望した場合には、手術をする場合もあります。
その前に、子供の包茎が病気ではないことを説明した上でとなります。

▼性病やEDなど、人に言い難い悩みをお持ちの方はこちらのネット通販サイトがお勧め
通院が面倒なら薬で個人輸入サイト購入
▼医薬品購入ならココがオススメ
詐欺があるか検証”あんしん通販薬局”
▼プリリジーの詳細はこちら
プリリジーの有効成分ダポキセチンとは